Unity × Gear VRでVRコンテンツの作成 その1

Unity × Gear VRでVRコンテンツの作成 その1

今年はVR元年ということで、たき工房でもVRコンテンツの開発に取り組んでいます。
私の環境はUnity5.3.4p3とGear VR(Galaxy S6)です。

早速やってみよう! と思ったのですが作り方が全くわから無いのでまずはググります。

で、最初に環境を整えます。
参考:UnityによるGearVRアプリの起動確認

Cubeを一個Sceneに配置しただけのProjectをビルドして端末にインストール、アプリを立ち上げると「このアプリケーションを起動するには、端末をGear VRに挿入します。」の文字が!
早速Gear VRに差し込んで、ドキドキしながら見てみると、、、
「thread priority security exception make sure apk is signed」のアラート。
なんだこれ、と思って調べてみると、原因はsignatureファイルのディレクトリが間違っていたことでした。
正しいディレクトリに配置したら問題なく起動しました。

次に準備するのは法線を反転した球体の3Dオブジェクト。
こちらはUnityの伊藤さんが公開されていました。

しかし!
極座標(自分の真上と真下)がうまいこと表示されない。。
で、伊藤さんに聞いてみたのが下記のやりとりです。

うーん、自分で作ってみるか。

タグ: , ,